灘五郷のいろいろな楽しみ方

written by GO!GO!灘五郷!

日本酒まめ知識~日本酒をもっと知って、好みの日本酒を見つけよう~

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
日本酒まめ知識~日本酒をもっと知って、好みの日本酒を見つけよう~

その他

2019.6.5 17:28:52

世界中のお酒は、その製法により大きく3つに分類される!
①醸造酒
 原料を酵母の働きによりアルコール発酵させてつくるお酒。アルコール度数は低め。
 ・日本酒 ・ワイン ・ビール etc.
②蒸留酒
 醸造酒を加熱し発生した蒸気を集め、冷却してつくるお酒。アルコール度数は高め。
 ・焼酎 ・ウイスキー ・ブランデー ・ウォッカ etc.
③混成酒
 醸造酒や蒸留酒に、香辛料や果実、ハーブ、砂糖などを加えたお酒。
 ・リキュール ・梅酒 ・果実酒 ・ベルモット etc.

「日本酒」の種類を教えて!
●本醸造酒 … 米(精米歩合70%以下)+米こうじ+水+醸造アルコール
酒米と米こうじ、水に加え、定められた範囲内で醸造アルコールを添加することにより、風味が整いキリっと淡麗な味わいのお酒になります。
●純米酒 … 米+米こうじ(白米の15%以上)+水
酒米と米こうじ、水だけを原料として造られる日本酒。酒蔵ごとの個性がでやすいといわれています。
●吟醸酒 … 米(精米歩合60%以下)+米こうじ+水(+醸造アルコール)
精米歩合 60%以下の米を使い、吟醸造りによって仕込まれた日本酒のこと。吟醸香と呼ばれるフルーティで華やかな香りが特徴です。中でも、精米歩合 50%以下の米で造られたお酒を大吟醸といいます。
❔精米歩合とは
雑味のもととなる米の外側のタンパク質や脂質を削り、心白と呼ばれる中心部分を残す精米は、酒の味を決める重要な工程のひとつです。精米歩合の数字が小さいほど、外側をたくさん削ったことを示します。

「日本酒」と温度のカンケイは
同じお酒でも、温度によってびっくりするほど味わいが変わることも。日本酒は、冷やせばすっきり飲みやすく、温めれば豊かな香りやふっくらとした旨味が楽しめます。いつものお酒も温度を変えることで、また違った顔を見せてくれます。美味しく感じる温度はお酒ごとに異なるので、いろいろな温度にチャレンジしてお気に入りの組み合わせ見つけましょう。

温度で変わる日本酒の呼び方
5℃ … 雪冷え(ゆきびえ)
10℃ … 花冷え(はなびえ)
15℃ … 涼冷え(すすびえ)
20~25℃ … 常温(じょうおん)
30℃ … 日向燗(ひなたかん)
35℃ … 人肌燗(ひとはだかん)
40℃ … ぬる燗(ぬるかん)
45℃ … 上燗(じょうかん)
50℃ … 熱燗(あつかん)
55度 … 飛びきり燗(とびきりかん)
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 0

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!