コレが新しい日本酒の楽しみ方!

written by GO!GO!灘五郷!

“やや辛口”にこだわった 櫻正宗だからこそ提案できる お酒と食のマリアージュ!

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
櫻宴
  • 櫻宴
  • 櫻宴
  • 櫻宴
  • 櫻宴
  • 櫻宴

櫻宴

魚崎駅

2018.10.25 10:12:14


商品ラインナップのほとんどが、食との相性が良い“やや辛口”だという櫻正宗。その歴史は古く、寛永2(1625)年創醸と約400年続く老舗だ。「正宗」の名の元祖であり、6代目当主の山邑太左衛門(やまむらたざえもん)が仏教の経典『臨済正宗(りんざいせいしゅう)』から名付けたのが始まり。キレの良い灘酒を生み出す「宮水」の発見や、今の吟醸造りの原型となる「高精白米仕込み」を初めて行ったのも6代目で、この頑張りが灘酒を有名にし、江戸時代の市場を席巻することに。人気にあやかろうと銘柄や社名に「正宗」の名をつける蔵元が全国に広まったという。このような背景を持つ櫻正宗は、伝統を重んじ、長く愛飲されてきたレギュラー酒の味わいを、現在も大切に守っている。


(左)櫻華一輪(720ml) 3,223円
フルーティーな香りとやや辛口の口当たりが特徴の大吟醸は、女性や外国人からの人気も高い一品。普段、あまり日本酒を飲まない人でもハマりそう!特に白身などの淡白なお刺身にぴったり。食前酒にも◎。
(右)金稀(720ml) 2,676円
お米の旨みがふくよかな本格純米吟醸は、芳醇でコクのある味わい。香りが立ちすぎないため、食事にも合わせやすく、ぬる燗も美味しい。素材を活かした調理法の料理によく合い、和食とは相性抜群!
※上記はショップ販売価格です。

●日本酒と本格和食が楽しめる「櫻正宗記念館 櫻宴」

江戸時代から受け継がれてきた堂々たる門構えの記念館では、大正時代の酒造りを写した貴重な映像や昔の道具類を展示。1Fには物販のショップとカフェが、2Fには個室を含め128席のダイニングと、重厚な一枚板が圧巻のバーがある。

ダイニングでは、工場直送のしぼりたて生原酒の量売りを3種類ほど用意。「本醸造酒(1合)」648円は、すっきりとしたやや辛口の、櫻正宗を代表するお酒。

●オススメ!「ポン酒鍋~味くらべ~」1人2,880円

一つのお鍋で2種類の味が楽しめるポン酒鍋は、スープの約半分にオリジナルの日本酒を使用。旨みとコクが増し、肉がやわらかくなる効果も。芳醇な香りが立ち上り、食欲をそそる!〆は雑炊orうどんor中華麺をチョイス。
※写真のスープは、寄せ鍋風の「プレーン」、コチュジャン・胡麻油・唐辛子にニンニクが隠し味の「ぴり辛」。ほか、「豆乳」「粕汁」「胡麻&ラー油」からも選べる。具材は2人前で、季節によって変更する場合あり。2人~注文可。
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 8

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!