よろず呑み喰い帖

written by 委員長

下町の老舗お好み焼き店「あたりや」

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
下町の老舗お好み焼き店「あたりや」
  • 下町の老舗お好み焼き店「あたりや」
  • 下町の老舗お好み焼き店「あたりや」
  • 下町の老舗お好み焼き店「あたりや」
  • 下町の老舗お好み焼き店「あたりや」
  • 下町の老舗お好み焼き店「あたりや」

出屋敷駅

2018.3.26 17:37:47

阪神出屋敷駅周辺は40年ほど前に再開発されるまでは、高度成長期を支える土木業務の日雇い仕事を求めて、多くの労働者たちが朝から駅周辺に集結していた場所で、仕事にあぶれた人たちは早くから開けている立ち飲み屋などで昼前から一杯引っ掛けては路上で寝てしまう人がいるなど、それはそれは今では想像がつかない面白い町でした。
駅から線路沿いにかけて二、三百メートルの間に個性豊かな店子が無数にあり、立派なボウリング場もあり、その横には「ニューチャイナタウン」というキャバレークラブがあり、おじさんたちは皆そこに通っていたのでした。
時は流れ、やがてボウリング場は閉鎖され、ついぞ行く事の叶わなかったニューチャイナタウンも消え、線路の高架工事に伴いほとんどの店子は閉店していなくなってしまったのですが、この地に70年近く変わらず地元の人に愛され続けているお好み焼き屋さんがあります。
それが今回ご紹介する「あたりや」さんです。

「あたりや」は、この界隈の人たちで「あたりや」に行ったことが無い人はいないだろうと思われるほど地元住民に圧倒的な支持を得ていて、席数80以上はある店内は常に賑わっています。僕自身幼い頃から親兄弟に連れられてよく来たものです。

繁盛の理由のひとつとして感じて取れるのは、時代に迎合しない昔からの変わらぬ味とメニューと価格帯。
この店のメニューを初めて見る人は「あれ?」と思うことが二、三あります。
まず一つ目は、スタンダードな豚玉焼きやイカ玉焼きのほかに「豚焼き」や「イカ焼き」というメニューがあります。
これは決して豚やイカだけを焼く鉄板焼きメニューではなくお好み焼きのメニューです。
今でこそ「豚玉」と普通に言ってますが、豚玉の「玉」は玉子の「玉」。即ち、「あたりや」の「豚焼き」と言うメニューは玉子が入ってないお好み焼きのことなのですが、なぜそんなメニューがいちいち存在してるのか?
答えは「昔ながら」だからです。
おそらく、あたりやさんがお店を始めた時代はまだ玉子は贅沢な食品だったのです。だから当時はあたりやさんに限らず、お好み焼き店は玉子入りと玉子無しがあったのです。「豚焼き」550円、「豚玉焼き」600円。納得でしょ。

二つ目にこの店はマヨネーズは有料です。「なんでやねん!」などと口走ってはいけません。
マヨネーズをつけるためには30円出してマヨネーズの小袋を買うのです。
なぜマヨは別売りなのか?
答えは「昔ながら」だからです。
今でこそお好み焼きにマヨネーズは当たり前のように思っている方が多いようですが、本筋からいくとそれは邪道です。お好み焼き店はそれぞれにソースに拘っているのですからまずはソースを味わいたいものです。
創業した昭和26年当時はお好み焼きにマヨネーズなんて想像さえ出来なかったでしょうね。
「あたりや」はボリュームもあり、やや甘口のソースもふくよかな味わいでしかも安い!
故に、マヨネーズが欲しければ30円くらい気持ちよく出しましょう。

三つ目にこちらのメニューには「モダン焼き」はありません。具材は数あれど、飲み物以外の基本メニューは「お好み焼き」と「そば焼き」だけです。
だから、モダン焼きが欲しい人はお好み焼きと焼きそばを注文して自分で作るのです。二つ出来ちゃいます。

このお店は、基本的に自分で焼くシステムになっています。創業以来使い続けてきた鉄板には魔法の旨みを引き出す何かがあると感じ取れます。
そして、手切りにこだわったキャベツ、お好み焼きの表面を覆い隠すほどの具材の量。素人でも普通に焼いていれば十分に美味しく堪能できるのです。
もちろん、お願いすれば焼いて持って来てくれます。
僕の場合はいつもお好み焼きを自分で焼き、焼きそばを焼いてもらいます。
甘口のソースを塗った後に泥ソースをかけて中辛口にしていただくのが自分流です。

「あたりや」はテレビや雑誌等のメディアにはあまり登場しません。最近どの店にも貼ってあるような「魔法のレ……」のシールが無いことになぜだか安心感。
先代から引き継がれた、下町の地元の人々を大切にするいつ来ても変わらぬ空気感。マニュアルなど無い庶民的な接客。町の人々が家族で日常的に訪れる、まだ失われずにいる大切なものがここに残されているように感じます。

この日の僕の会計。豚玉600円豚焼そば550円キリンラガービール大瓶550円.しめて1700円で大満足。

「あたりや」さんへは阪神出屋敷駅下車。北側線路沿いを東へ数十メートル。
月曜定休日です。 
電話 06-6413-1692
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 10

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!