わさびのブログ

written by わさび

カウラボ・・完全紹介制(1週間前の予約)で

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
カウラボ (meat & restaurant Cow Labo)
  • カウラボ (meat & restaurant Cow Labo)
  • カウラボ (meat & restaurant Cow Labo)
  • カウラボ (meat & restaurant Cow Labo)
  • カウラボ (meat & restaurant Cow Labo)
  • カウラボ (meat & restaurant Cow Labo)
今回は友人とディナーに3人で伺いました。
1週間前の予約・・ディナーは完全紹介制(1週間前の予約)・・・
午後7時の予約だったのですが、お店に無理をお願いして30分早いスタートでお願いしました。
午後6時25分頃お店に到着・・この日のディナーは私達3名のみ、当にプライベート空間で頂くディナー、流石に全員テンションアップです。
我々が店内へ入るとお店のドアにロックが・・他の方が入って来ない、お客さんがゆっくり食事を楽しむ事が出来る様に・・こちら路面店ですが、前にガラスの壁、店内にお肉を販売する空間、販売空間とレストランの間にドア、外の音は一切入ってこないです。
先ず厨房を見渡すと綺麗に掃除、整理整頓が行く届いている。
今回一緒に伺った連れ2人の方達も驚くくらい綺麗でした。
カウンターに3名のウェルカムプレートとナプキンがきちんとセットされていました、勿論グラス類もカトラリーも・・この時に気付いたのですが肉を頂くのにナイフがセットされていない。
後でお肉が提供される時に「ラキオール」ナイフ、フォークがセッティングされるのかな?
ディナーはオーナーお任せのみ・・でも事前にアレルゲン、量、食べたい肉の部位、等をリクエストする事はできます、今回は量とお肉の部位をリクエストさせて頂きました。
今回は女性2名だったので、少し量は少な目で質重視でお願いしました。

先ずはドリンクを・・
私はクラフトビール、女性はグラスワインを頂きました。

前菜・・イチヂクと熟し柿のカルパッチョ、鳥取県産万葉牛、2日間血抜き処理をしたサーロイン・・完璧に処理したお肉はドリップが一切なくて、少量胡椒とオレンジシールド、玉ねぎ、バルミコスを合わせたソースの上に3年熟成させて塩度の少上がった、真っ白なパルメジャーノを雪の様なビジュアルでかけられていました、肉にドリップが無いのでパルメジャーノが引き立つ、下に柿(皮付の熟成)、無花果がセットされていました、お肉の内側にパルメジャーノを巻いてその上にフルーツをのせた頂きました。
舌の上でとろける位柔らかな肉質で過去頂いた事がないかも?
3名共これに先ず驚き!

次にビーフコンソメ・・綺麗に澄んだ琥珀色のスープ、ビーフの風味が実にいい・・オーナーさんがきちんと説明して頂きました・・先ず「ちまき」と言う部位からブイヨンを引き次に卵白を入れて煮ることで、卵白にアクや脂、汚れを吸着させて取り除く、この2段階の工程をきちんと踏んだ逸品です、これだけででもかなりの時間をかけられている、シンプルに野菜(玉ねぎ、セロリ、人参、キャベツ、焼いた玉ねぎの皮)その他の添加物を一切使われていないシンプルスープにも3人共感激!

この段階で厨房のフライパンにシャトーブリアンをシェフがのせて焼き開始!(オープンキッチンなんで全てが手に取る様にわかるのも非常に興味がある→ユーザー目線で)

次に厚切りローストビーフが低温処理されている、刺しの入ったサーロイン、今までの感覚だとココで「ラキオール」ナイフ、フォーク登場かな?と思う・・でもオーナーシェフはそのままお箸で食べてくださいと一言、お箸で頂く、実に柔らかい、肉質の良さと絶妙の調理法なんでしょね、刺しがかなり入った感じだが脂濃くない、これがお肉本来の旨みなんでしょうね!

赤のグラスを・・

次に本日のメインが・・
今回こちらのお店から問い合わせを頂きました・・滞在時間について、お肉の焼き上げ時間を逆算する必要があるとの事でした。
今回の滞在時間は1時間半の予定ですとお店の方に事前にお伝えしていました。
メインプレートには3種の部位が・・
厚切りタンステーキ・・まだラキオールは登場しないのかな?→やはりお箸でどうぞとシェフ!
シェフから低温調理で4時間調理していますので・・
山葵と塩でシンプルに頂く、実に柔らかい、旨みとローストの香りいい!

次にサーロイン・・低温9時間処理、今回の3部位の中で一番刺しが入っている、お箸で切れる位柔らかで、一切ドリップもない。脂身と赤身のバランスが4:6だそうです。全くひつこくない!

シャトーブリアン・・途中で焼き開始したこのお肉、時間的には30分足らずくらいで焼き上げている、でもドリップがない・・何故・・シェフ曰く、血抜き処理をいかに完璧にするかですよ!血抜きが悪いとこの短時間で焼いたのでは当然ドリップがでますよ!一言!
3人ともなるほどって顔になる!

サイドにはさつま芋、ポテト、ローストオニオン、カボチャ、ニンニク、が添えられていました。

パン2切れ・・ガーリック、トリフオリーブオイル、おいしいのだがこの時点でお腹満腹!

最後に最高品質のジャスミン茶が、脂を流す、ジャスミン茶(緑茶+ジャスミンフラワー)、緑茶の高品質の物は脂物を食べた後にいい!

デザートに自家製バニラアイスを・・画像の通り高級卵の卵黄が一般の1.5倍使用されているみたいです、甘さは控え目だが濃厚で美味しい!

サービスでアイスクリームに使った玉子の卵白を使ったフィナンシェを頂きました。

美味しいお肉をベストの調理方法で頂き3人共大満足でした!

ご馳走様でした。
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 2

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!