わさびのブログ

written by わさび

友人と至福の晩餐!

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
神戸旬膳K's Kitchen
  • 神戸旬膳K's Kitchen
  • 神戸旬膳K's Kitchen
  • 神戸旬膳K's Kitchen
  • 神戸旬膳K's Kitchen
  • 神戸旬膳K's Kitchen

神戸旬膳K's Kitchen

元町駅

クチコミ

2019.7.13 05:15:42

前回こちらに伺った時の感動を詳しく食べログ等にアップさせて頂いたのを、グルメな友人夫妻がご覧下さって「一度是非ご一緒させて欲しい」と連絡が、そこで5日前に予約を入れさせて頂き伺う事に!
今回は事前予約だったので極コースをお願いしました。
基本その日の入荷食材でお任せのコース・・
よって都度都度品数も違えば内容も違う、同じメニューはないみたいです。
予約時に苦手食材、アレルゲン等を聞いてくださいました。
友人の奥様が豚肉が一寸苦手でアレルゲンは無しと連絡させて頂きました。
当日午後7時スタートの予約で伺いました。
この日は我々4人のみ、プライベートキッチン!
その時点でテンション上がる!
先ずはやはりイタリアンなので泡を選択!
4人共スパークリングワインからスタート!
目の前で前菜の盛り付けが、流石に手際よく盛り付けられていく、ピンセット、セルクル等は一切使わない、本格的な料理で勝負されている、決してピンセット、セルクルを使う事を否定する訳ではないが、使わなくても繊細さを演出する技量に感動する。
先ず一皿目は前菜盛り合せ
剣先烏賊の糸造り・・ライム、新生姜、ベースのソース、インドマラバー?グリーンペッパートッピング、和のケン的にきゅうりが繊細にカットされて盛り込まれている、新生姜の風味に一緒にグリーンペッパーを頂く、ピペリンの辛味と生姜、ライムの風味とのコラボがいい!
剣先下足の湯引き・・ライム、ジェノバソース 、バジルにライム、どちらも爽やか感を演出するのに最適、柔らかで美味しい下足でした。
鳴門産サゴシのマリネ・・ラディッシュ、ディル生リーフとの取り合わせも面白い!
カポナータとガーリックトースト ・・夏野菜、パプリカ、茄子等のトマト煮込み+ガーリックトースト、スパークリングによく合う!
チキンレバーのパテのクロスティーニ ・・その名の通り小さなトーストと味わい深いチキンレバーのコンビネーションもいい!
淡路島産穴子の純米吟醸蒸し、バルサミコの煮詰め添え ・・白ワインでなく日本酒で蒸す、和イタリアン神戸で和イタリアンのお店、白石シェフの「イタリアン割烹 海」がある、和のテーストを取り入れた料理で思い出しましした。肉厚の穴子なんで小骨があり毛抜きで丁寧に抜き取って提供頂きました、一般的な和のタレでなくバルサミコを煮詰で・・酸味は殆どない醤油テーストと違う、この点がイタリアンかな?

ここからは料理に合せて日本酒をペアリングで頂く・・4種の日本酒を頂きました。
米鶴(よねつる) 超辛 純米大吟醸
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
仙介 特別純米
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
純青 無濾過 生もと 特別純米 山田錦
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
純青 短稈渡舟 生もと純米 木桶仕込み 無濾過 生原酒
この4種を頂きました。

二皿目
鳴門産天然岩ガキ+ライム+EXバージンオリーブオイルがけ、ミル挽きブラックペッパー トッピング、鮮度抜群の海のミルクにライムで味を〆て、挽きたてのブラックペッパーの香りが洋を演出!

三皿目
淡路島産アマガレイ(マコガレイ)のお造りに赤ピーマンのヴィネグレットソース 、あさつきトピング、カレイの肝も濃厚で美味しかった、皮の唐揚げ をトッピング、この手の込んだ一皿、仕込みに費やした時間を思うとCP的にこれでいいのですかと言いたくなりますね!

四皿目
海の幸のコンソメ(ハモのコンソメ)淡路島産活け鱧+徳島産天然車エビ+徳島産鮑 となんと豪華な食材、全て目の前で調理されていく、海老もぴんぴん跳ねている、活きしめ
今回友人がアクアパッツアが好みと聞いていたので予約時にその事もお伝えしました。
友人はこの海の幸のコンソメにノックアウトだったと思います。
河本シェフの拘りを伺いました。
活け鱧は骨切り後昆布出汁にて皮目のみ火を入れたもの、車エビは乾煎りしてコニャックにて香りづけ、鮑は鳴門産のワカメで包んで純米吟醸酒で2時間30分蒸しあげたものを器入れ、そこに熱々の鱧のコンソメを注ぐ!
この一皿3000円以上してもいいんじゃないと思う拘り!
勿論超美味しい、澄んだコンソメ、旨味もスッキリした他の素材を邪魔しないお出汁でした。

五皿目
K's 流 いつものサラダ~オリジナルマスタードドレッシング・・箸休め的な感覚!

六皿目
神戸牛ランプ(中西牧場かな?)炭火焼ステーキ(紀州備長炭グリル )サイドは生ヤングコーン+新じゃがのグリル+丹波椎茸とエリンギ茸のワイン蒸し+クレソントッピング
じっくり炭火で焼き上げ遠赤効果で生まで熱が入り、いい具合に熱が入ったポイントでアルミフォイルでラッピング、一定の時間寝かせてカット、柔らかでドリップなく超美味しい赤身肉でした。

七皿目
世界一のペペロンチーノ (河本シェフ自信作)・・青森ホワイト六片ニンイクを冷蔵庫で長期貯蔵、水分を有る程度抜いた生ニンイクをスライスしてニンニクの青臭みが抜けるまで油で揚げる、香りが油に移行、青臭みのないガーリックホットペッパーオイルで茹であがりのパスタを絡めてシンプルに提供頂けました、これのも皆さん感動!

デザート 
コニャックに漬けこんだレーズンを練り込んだバニラアイス、バジルのソルベ、白桃の赤ワインコンポート
緑茶

今回は前回以上に感動しました。
前回は当日予約だったので食材の選択、仕込み時間もなく、それでも感動したので・・・
美味しい「和イタリアン」を堪能する事が出来ました。

ご馳走様でした。
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 6

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!