教えて!沿線のお医者さん!

written by 教えて!沿線のお医者さん!

「風邪かな?」「もう治った!」油断しがちな“ぜんそく”にご注意!

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
「風邪かな?」「もう治った!」油断しがちな“ぜんそく”にご注意!
  • 「風邪かな?」「もう治った!」油断しがちな“ぜんそく”にご注意!
  • 「風邪かな?」「もう治った!」油断しがちな“ぜんそく”にご注意!
  • 「風邪かな?」「もう治った!」油断しがちな“ぜんそく”にご注意!

高速神戸駅

2017.6.5 13:37:19

教えてくれた先生はコチラ!


神戸大学医学部附属病院 副病院長 呼吸器内科 教授
西村善博先生
神戸大学医学部附属病院 呼吸器センターのセンター長を務める。厚生労働省が推進する、ぜんそくに関する話題を発信する活動「兵庫県喘息死ゼロ作戦」の実行委員。
「長引く咳はぜんそくの兆候かもしれません。大人になって発症する方も増えているので、かかりつけのお医者さんにご相談を!」

「兵庫県喘息死ゼロ作戦」
http://www.med.kobe-u.ac.jp/asthma/
神戸大学医学部附属病院 高速神戸駅▶徒歩約15分
http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/


(以下の記事は「ホッと!HANSHIN」2016年12月号に掲載した情報です。)

誰もが知っている病気ですが、“知っている”と思ってしまっているからこそ、油断は大敵。ぜんそくにかかっていることを自覚しにくいうえ、ちゃんと治療を続けていないと悪化してしまう、実は怖い病気です。特に冬の時季は風邪のせいと思い込みやすいとか。今回は神戸大学医学部附属病院の西村先生に、ぜんそくについて教えてもらいました。

ぜんそくとは・・・
肺につながる気道が炎症によって収縮して発作(咳・喘鳴など)を起こす病気。昭和35(1960)年ごろは気道狭窄(収縮して狭くなる)が原因とされていたが、平成4(1992)年ごろに、気道の慢性的な炎症が発端になると定義され、炎症を抑える治療法が広まっている。


Q ぜんそくにかかっていることに 気付かない人が増えている?
自覚のない人を含め、ぜんそくにかかっている人は約5%いるとの発表もあり、20人に1人の割合です。ぜんそくは健診などの数値で診断できる訳ではないので、本人の自覚がなければ見落とされがち。「ゼーゼー」「ヒューヒュー」となる症状は分かりやすいのですが、咳(咳ぜんそく)や息切れだけの症状の人もいるため、ご本人がぜんそくを知り、意識しておくことがとても大切です。

Q ぜんそくになる原因は?
「これだ!」と明確にはなっていませんが、発症に関わる要因はタバコやほこり、ダニ、アレルギーなどがあげられます。生活していれば避けられないものも多く、予防はなかなか難しいのです。

ぜんそくで炎症を起こすのは、空気が肺胞に達するまでの通り道(気道)。喉が炎症を起こす風邪などとは患部が異なる。


Q 治療はどんなことをするの?
ぜんそくは慢性的な気道の炎症を抑える治療(吸入ステロイド薬)を行い、発作を出にくくしていきます。しかし、発作が出なくなると、自己判断で治療を止めてしまう人も多く、1年間薬を続ける人は10%ほどしかいないとされています。治療を止めて発作を起こすと、少しずつ重症化する病気なので、継続的な治療がとても大切です。また、発作が起きた場合は、収縮した気道を広げる吸入薬があります。


 


***話題の温熱療法!ぜんそくの最新治療法***
2015年保険適用となった「気管支サーモプラスティ」は、重度の成人ぜんそく患者に行う、気道を直接温めて炎症を緩和する治療法。気道にカテーテル(管)を挿入し、その先から出る電極によって約65℃で10秒間温めるもの。収縮を繰り返して狭くなった気道が緩和し、炎症を和らげることができる。

  • 阪神ナウ!いいな!
  • 1

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!