阪神なんば線コンシェルジュ

written by ほっこ

世界報道写真展2011@西梅田

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
ハービスHALL(ハービスホール)
  • ハービスHALL(ハービスホール)
  • ハービスHALL(ハービスホール)
  • ハービスHALL(ハービスホール)
  • ハービスHALL(ハービスホール)

梅田エリアへお邪魔しました。

 

HERBIS HALLで開催されている「世界報道写真展2011」へ行って来ました。

名前は知ってたけど行くのはこれが初めて。

 

世界報道写真展2011
50年以上の歴史を誇る、オランダ・アムステルダムの「世界報道写真財団」が、毎年世界中の報道カメラマンを対象に実施する「世界報道写真コンテスト」の受賞作で構成する写真展。

世界45カ国で約100都市を巡回する。

全世界の媒体で発表された写真の中から「ニュースの中の人々」「スポーツ」「現代社会の問題」「自然」など9つの部門で、54人の写真家が入賞。

世界の今を伝え、見つめなおす写真が数多く展示される。


■観覧料 一般:700円/大学・高校・中学生:500円 小学生以下無料 前売りは各200円引き。

梅田阪神プレイガイドで発売中。
http://www.asahi.com/event/wpph/

こちらは、世界報道写真大賞の写真です(入り口パネルより)

 

モデルになった女性はビビ・アイシャさんといい、夫による暴力から逃れて実家にいたところを反政府武装勢力タリバーンによって強制的に、逃亡の罪で刑を宣告され、夫によって鼻と耳を切り落とされる「罰」を受けました。

アイシャさんはその後、援助機関と米軍によって保護され、現在はカウンセリングと再生手術を受けた米国で暮らしています。

 

人間として女性として見ているだけで痛々しい写真です。

 

この写真が大賞に選ばれたのは政治的な意図はなく、女性の尊厳や生きる強い意志、そして今なお劣悪な環境に置かれている全世界の女性に対する

メッセージが込められているという内容が会場内のパネルに書かれていて、納得しました。

○8月9日(火)~18日(木)
「東日本大震災報道写真展」 
11:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) 
ハービスHALL大ホール内特設会場(入場無料)

 

こちらは「世界報道写真展2011」に入らない方でも見れるスペースです。


「東日本大震災報道写真展」の写真は、「世界報道写真展2011」の映像スペースでも流れています。

展示されている以外の写真も含まれています。 

 

震災当初は、映像や写真で毎日目にした惨状ですが5ヶ月も経つと人の記憶はいつしか薄れていって・・・

それを改めて思い知らされました。

 

「もう」5ヶ月ではなく「まだ」5ヶ月で今尚復興の最中にある同じ日本の被災地を強く思い返させる写真たちばかりです。

 

■関連イベント
○8月13日(土)
「写真家長倉洋海氏講演会」
14:00~15:30(13:30開場)
ハービスHALL小ホール 入場無料
(世界報道写真展2011のチケットまたは半券を要提示)


○8月14日(日)
「武内祐人ライブペインティング」 
14:00~15:30(13:00開場)
ハービスHALL小ホール 入場無料

 

「ハービスHALL」

〒530-0001
大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA地下2階

■TEL:06-6343-7800
■営業時間:11:00~20:00(入館は19:30まで)
■アクセス:阪神「梅田駅」西改札より徒歩6分
■URL:http://www.herbis-hall.com/topics/

  • 阪神ナウ!いいな!
  • 0

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!

私も行ってきました~!
期間が意外と短かったのであわてましたが、行ってよかった♪

>マトカさん
行かれたんですね(^^)前々から興味はありましたが日本でも大震災があった今年行けてよかったです。