阪神よっぱらい研究所

written by Midnight-Silence

2018-7-20#1 出屋敷駅前の焼肉の名店

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
焼肉・冷麺 味楽園
  • 焼肉・冷麺 味楽園
  • 焼肉・冷麺 味楽園
  • 焼肉・冷麺 味楽園
  • 焼肉・冷麺 味楽園
  • 焼肉・冷麺 味楽園

焼肉・冷麺 味楽園

出屋敷駅

クチコミ

2018.7.21 10:50:28

味楽園
(兵庫県尼崎市・出屋敷駅前)

 旧知の歯科医が、「グルメ企画して!」というので、何がいいかと聞いたら、「こないだ、鯖からアニサキ〇が出てきて、以来、魚がダメなんで、肉がいい」とのこと。加えて、19時半に西宮北口からやってくるというので、場所も考慮しなければならない。

 肉、にく、ニク、29・・・・
 西北、にしきた、ニシキタ・・・・

「出屋敷に焼肉屋があるねん」

「みんな、来てくれるかな?」

「聞いてみるわ」

 すると、直前にも関わらず、総勢5.5人くらいは集まりそうな様子で、尼崎までくることを苦に思う人もない。更に、6人以上集まらないと予約もできない店なので、当日直接行くしかない。人数も確定しないし、誠に都合がいい。

 でもって、集合時間もばらばらで、だいたい7時くらい組と、だいたい8時くらい組に大きく分かれそうなので、ひとまず先発隊は7時出屋敷駅東口に集合。この時点で集まったのは3人。店に行って「最終的に6人になります」というと、4人テーブルを二つ引っ付けてくれる。

 まずは「富乃宝山の水割り」から。特上カルビが名物らしいが、それはみんな揃ってからにしようと、その手前の上ロースと上カルビ、タン・ソルトからいただく。

「ああ、焼き過ぎ、焼き過ぎ!」

店の人にやさしく怒られる。

「肉がね、『熱い、熱い!』『食べて、食べて!』って
 叫ぶのが聞こえてくるんですよ」

とおっしゃるそのまなざしは優しく、手つきは美術品を扱うかのようにしなやかでスマートで鮮やか。

「焼きましょうか?」

「お願いします!」

 そうしていただいた上ロースは、一口で昇天するほど。

「歯がいらないでしょ」

 途中から泡盛「ニコニコ太郎」にスイッチ。8時半には、一部道に迷った方もいたが、全員集合。

 ということで、いよいよメインイベントの特上ロースステーキとハラミをいただく。もちろんどちらも非常においしいのだけれど、振り返ってみたら上ロースがベストバイだったなあ。ノーマルロースでも十分に美味しいのだが。

 最後には石焼ビビンバ、冷麺まで食べ、かぱかぱ飲んだ人、2杯しか飲まなかった人、遅れてきた人、早く帰った人といろいろだったが、結局6人で30,000円と、想像をはるかに下回るリーズナブルさ。

 なるほどなるほど。ええ店ですな。今更だけど。(2018.7.20)

味楽園
兵庫県尼崎市南竹谷町2-1 06-6411-9329
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 9

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!