阪神よっぱらい研究所

written by Midnight-Silence

阪神沿線のオトナ遊び

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
西宮マリーナ
  • 西宮マリーナ
  • 西宮マリーナ
  • 西宮マリーナ

西宮マリーナ

西宮駅

クチコミ

2016.8.9 23:11:10

西宮マリーナ
(兵庫県西宮市・西波止町)

 4軒はしごして、26時過ぎまで飲んで、久しぶりのタクシーを堪能した翌日。朝からあれこれ用事を片付け、9時半にお迎えの車に乗車。向かうは西宮マリーナ。なんと、お船に乗せてくれるというので、ほいほい出かけた。

 11時に集合とのことだったが、シートをセットしたり、もやいを解いたり、ブイみたいなのを引き上げたり、いろいろ準備をして、ようやく出航。なるほど、これは男手が必要な、肉体労働付きのアクティビティである。

 港内を抜けて、ぐんぐんスピードを上げていく。デッキチェアに腰掛けて、潮風と波飛沫を受けて、と聞くと優雅だが、テーブルの上のものはすべて落ちるので、慌てて船室内に移動させたりして、引き続きなかなか忙しい。ようやく落ち着いたら、ほどなく神戸空港である。

 須磨海水浴場の前を通り過ぎ、須磨浦公園の沖を航行中、山陽電車の新車6000系が並走。写真じゃちっちゃくて分からないけど。須磨浦山上遊園のカーレーターも、はっきりと見えるが、あそこまでロープウェイがあるなら、山頂までロープウェイになんでしなかったのかなと不思議な感じがする。

 明石海峡大橋までやってきて、いったん橋をくぐって、また戻ってきて、岩屋県民サンビーチ沖合100mに投錨。水深は5.3mほど。ここで、ひとまず落ち着いてヒルゴハンをたべ、釣りをしたり、泳いだりして、時間を忘れて遊んでいたら、あっという間に3時。

 帰りは、ドック入りしている潜水艦を海から見学しながら、西宮へ。ウインドサーフィンをしている人にぶつからないようにそろりそろりと帰港する。

 着岸してからも、片付けだけでなく、充電したり、洗ったり、あれこれやることがいっぱい。手間がかかるからこそ味わえる楽しみなんだと実感。うーん、これは癖になりそう。

 ちなみに、最後まで二日酔い。日焼け対策を怠ったのは、要反省(笑)。(2016.8.7)

西宮マリーナ
兵庫県西宮市西波止町1-2 0798-35-7757
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 2

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!