阪神よっぱらい研究所

written by Midnight-Silence

第685夜 焼津おでん?(第685夜その1)

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
サンライフ焼津
  • サンライフ焼津
  • サンライフ焼津
  • サンライフ焼津
  • サンライフ焼津

サンライフ焼津

その他

クチコミ

2012.3.14 22:14:42

食事処あんどう

(静岡県焼津市・サンライフ焼津)

 

(ここまでのお話)

 第1602日 スマル亭 沼津千本通り店

 

 沼津を朝出立して、ちんたら寄り道しながら西へ。田子の浦、富士川、蒲原、由比、興津ときて、清水港でちょうど三保に渡る船の時間になったので、乗ってみる。

 

 

 乗客は私ともう一人だけ。朝夕のラッシュ時は込むんだろうか。

 

 三保から、久能、登呂、安倍川と走り、

 

 

大崩海岸を経由して焼津へ向かう。この大崩海岸というところは、山塊が急に海に向かって終わっていて、崩落しやすい地形のため、旧道は廃され、海の上を迂回する橋が架かっている。

 

 これを越えると焼津市街。ひととおりすることを済ませて「サンライフ焼津」という公設の温泉施設へ。利用料金は500円とお手ごろである。

 

 

 風呂上がりは、館内の「お食事処あんどう」へ。おばちゃんが一人で運営されている店で、セルフサービス、前金制と質実剛健を旨とされているが、極めて合理的といえよう。ここで、

 

焼酎静岡割り

 

なるものを注文。するとおばちゃんが

 

「お茶で割っただけのものですよ」

 

と心配になったのか声を掛けてくださる。はいはい、それでいいですよ-といいながら、加えておでんをおねがいしたらば、

 

「ネタは選べませんが、いいですか?」

 

と聞いてくださる。それも承知のうえですので、一向に構いませんよ。

 

 

 ここ焼津のご当地メニューに「焼津おでん」なるものがあるらしいが、これがそうなのかどうなのかはよく分からない。黒はんぺんが入っているのが特徴のひとつだそうだが、右上に写っているのがそれだったらいいなあと思いながらいただく。

 

 結局この日はトータル120kmを走破。静岡割りが身体の隅々まで染みいっていく。

 

 さてと。では、自転車を畳んで、大阪に帰るとしますか。(2012.2.16)

★★★(3.18)

 

食事処あんどう

425-0021 静岡県焼津市中港3-3-12サンライフ焼津1階

 

なんだか楽しそうと思われた方は、励みになりますのでぽちっと応援のクリックをお願いします。

  • 阪神ナウ!いいな!
  • 3

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!