阪神よっぱらい研究所

written by Midnight-Silence

第597夜 よしもと祇園花月へ(第597夜その1)

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊

よしもと祇園花月

その他

クチコミ

2011.7.26 07:34:30

よしもと祇園花月

(京都市東山区・八坂神社前)

 

 京都は祇園に「よしもと祇園花月」がオープンするということで、こけら落とし公演のお招きに与ったので、薬剤師、内親王とともに山鉾巡行の翌日、落ち着きを取り戻した京都へ向かう。

 

 阪急河原町から四条通を歩いて八坂神社前へ。祇園の交差点に面してSIZUYAがあったので、朝ごはんとも昼ごはんともつかない食事を買い、

 

「花月は食べ物・飲み物の持込みOKですよ!」

 

というお店の人のコメントを得て(わざわざ祇園花月に確認されたそうな)、向かいのローソンに飲み物を買いに行く。そうしているうちに、開演時刻が近づいてきたので、会場に向かう。京都で学生時代をしはじめた当初は、まだMAHARAJAがあったなあと(行ったことはないが)懐かしく思う。入口では営業担当者が一生懸命呼び込みをされている。よしもとさん、やはり活気のある会社だなあと思う。

 

 開演の1、2分前に着席。パンを頬張ったり、のどを潤したりしていると緞帳が開く。思った以上に舞台が近い。遅れて客席に入ってくる人や、トイレに立っていく人がいたりするといじられるのが、ライブならではの面白さ。テレビでは味わえない趣向である。

 

 したがって、あんまりむしゃむしゃごくごくやっているとこちらにも火の粉が飛んできそうだし、テンポも早いので、なかなか飲み食いしにくい。そもそも飲み食いをしに来る場所でもないので、仕方がない。

 

 最初に出てきた芸人さんは、ワタシのしらない人ばっかりで盛り上がりのポイントも分からなかったが、アンパンマンの話が面白かったのと、三枝さんの枝豆を食べる姿(ふり)がなんともリアルだったのがよかったところかな。あっという間に2時間が過ぎる。

 

 さてと。早めの夕食まで何をしますかね。(2011.7.18)

 

よしもと祇園花月

605-0073 京都市東山区祇園町北側323 0570-036-912

志津屋 祇園店/SIZUYA

605-0073 京都市東山区祇園町北側291 075-532-2052

ローソン八坂神社前店

605-0074 京都市東山区祇園町南側543 075-551-6533

 

なにもあれこれ持ち込まなくてもいいのに・・・と思われた方は、ポチッと応援の投票をお願いします。加えて、右下の「Good!」ボタンもぜひ併せてお願いいたします。

  ↓

  • 阪神ナウ!いいな!
  • 3

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!

祇園花月行かれたんですね!!
私まだ一度も行ったことないので羨ましいです。
劇場には劇場の良さがあるし、なかなかメディアに出なくて劇場でしか観れない芸人さんも居るのでその発見も楽しいです。
そして名前が分からなかった若手が気になります(^^)

ほっこさま こんにちは! 当日の出演者は次のとおりでした。
 桂三枝/今いくよ・くるよ/メッセンジャー/シャンプーハット/
 フットボールアワー/月亭八光/麒麟/森三中/スリムクラブ/藤崎マーケット
 名前だけ聞いたことのある人、名前すら聞いたことのない人が誰かは
 ご想像におまかせいたします(笑。ほとんどわからないのですが・・・)