阪神よっぱらい研究所

written by Midnight-Silence

第444夜 邂逅(第444夜その2)

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊

サンボア・ザ・ヒルトンプラザ

大阪梅田駅

クチコミ

2010.4.25 05:02:01

サンボア・ザ・ヒルトンプラザ

(大阪市北区・ヒルトンプラザイースト)

 

 ちゃんと。を出て、リチャード氏の顔をみると氏も同じことを考えておられるようで、まずは駅に向かって歩き始めるが、阪神梅田駅の改札が見えてきたところで右折。一緒にあるいていたまーにゃさんにもお声かけするが、翌日の朝が早いのでとここでお別れ。やすべえさんはご一緒してくださり、あとは事務局のお二人と計5人でいつものヒルトンサンボアへ。

 

 店の前ですこし佇んでいると、店に一直線に突進してくる人が一人。

 

「香櫨園の兄ィ!」

 

兄ィは、飲みに来たのかと思ったら(ひょっとしたらそうなのかもしれないが)、そのまま店の奥まで入っていって何か二言三言話をしてそのまま帰ってしまう。まあ、まっすぐ家に帰ったとは思えないが。

 

 そうこうしているうちにやすべえさんのご案内で目出度く5人席が現れ、店内の人となる。私はいつものとおり角のハイボール。やっぱり美味しいが、この1杯でだいたい戻れない夜に突入していっているような気がしないでもない。それでもやっぱり美味しい。氷が入っていないのが初めて見る人には珍しく、どなただったか、一口飲んで

 

「これは、レモンピールが入ってますね」

 

と即座にお分かりになられたのは、私には真似のできない芸当である。やすべえさんは、たしかスーパーニッカのハイボール。これまた渋いお味である。

 

 そうして楽しく飲んでいると、今度は後から黒い影が近づいてくる。

 

「芦屋の師匠!」

 

師匠は、なぜだか分からないが、私が珍しいメンバーで飲んでいると、あたかも常に様子を監視していたかのように現れる。そして、にやっと笑い、「今日は何の会ですか?」とご質問をなさる。かくかくしかじかとご説明し、せっかくの機会なのでお互いブログ上で名前だけはご存じのブロガーさんと師匠をお引き合わせさせていただく。

 

 そうして10時半ころ。「そろそろ」と一人が腰を上げると「ごゆっくりどうぞ~♪」と二人が続き、まだまだこれからとスタンバイしていた私とリチャード氏だけが後に残る。よっぱらい研究所員としては、まだ飲みかけのお酒を置いて帰る訳にはいかず、「そしたら、そうしましょか」とリチャード氏と二人のんびり飲み続ける。

 

 さてと。十三にいきますか。(2010.4.23)

 

#ごちそうさまでした。

 

サンボア・ザ・ヒルトンプラザ

大阪市北区梅田1-8-16 ヒルトンプラザイースト地下2階 06-6347-7417

 

まだ行くか?!と思われた方も、見捨てずにポチッとお願いします。

  ↓

  • 阪神ナウ!いいな!
  • 0

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!

先日はお疲れ様でした。
娘と待ち合わせをしていたため、お先に失礼しました。
また宜しくおねがいします。


やすべえさま こちらこそどうもお疲れさまでした。
 いつものことながら本当にいろいろとお世話になります。
 またどうぞよろしくお願いいたします。

申し訳ございません、偶然居合わせましたです。また今度ゆっくりとご一緒させてください。それと、やすべえさん、申し訳ございません、何でサンボアでAneCan付録付きを渡す理由があったのかと、、、重たくてすみませんでした。


師匠 さっそくのコメントありがとうございます。
 拙いブログですが、これからも見守っていってやってください。
 どうぞよろしくお願いいたします。

Midnight-Hawkinsさま、すみません、場所をお借りします。
ダンディな芦屋の師匠さま
お会いでき大変嬉しかったです。それとAneCanありがとうございました、娘が本と付録、とっても喜んでいました。
もちろん、私も後学のため読ませてもらいました(笑)

やすべえさま どうぞご自由にお使いください。