日替りランチ放浪記

written by あばちゃー

第3614日 二贅麺(二種合い掛け汁なし麺)850円

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
ビャンビャン面 秀聞記(しゅうもんき)
  • ビャンビャン面 秀聞記(しゅうもんき)
  • ビャンビャン面 秀聞記(しゅうもんき)
  • ビャンビャン面 秀聞記(しゅうもんき)
  • ビャンビャン面 秀聞記(しゅうもんき)
ビャンビャン面 秀聞記
(大阪市北区・兎我野町)

水曜日。エレベータマニア氏とランチ。

「いい気候なので、曽根崎方面に行きましょう」

昨日昼を食べた店の前を通り過ぎ、新御堂を越え、
歩いていくとなにやら目立つ看板が立っている。

「なんですか?びゃんびゃんめん?」

「これ、一番画数の多い漢字やったと思う」

「10月にオープンしたとこみたいですね」

「行ってみましょ」

メニューも変わっていて、

ちゃー焼面

くらいはわかるけれど、

二贅麺(二種合い掛け汁なし麺)

は何と何の二種なのかもわからない。
店の人(アルバイト)に聞いてもわからなかったが、
写真を見たら、どうやら

・トマト麺
・ジャージャー麺

の二種らしい。それにしよう。
ちなみに辛さが三段階から選べるが、
これももちろんよくわからないので普通にする。

注文をすると、料理担当のおじさん、
おもむろに生地を取り出して、4つにカット。
それを、
びよーんと伸ばして、
ぺしぺし叩きつけて、
振り回して伸ばして、
熱湯に投入していく。

「これをみるだけで、かなり価値があると思います」

「うん。昼から貴重なショーを見せてもらってる感じがする」

いつしか麺は茹で上がり、
具材をトッピングして運ばれてきた。
正に、打ち立て、湯がきたて!

店の看板であるびゃんびゃんめんは、
白くて長ーい耳たぶのような柔らかい麺。
ジャージャー麺(の具)は、ちょっと辛いというか、
ほんのちょっと辛いかもしれない、というレベル。
トマト麺は全く辛くない。
どちらもあまりお目にかかれない味で、
たぶん本場中国の味なのだろうと思う。

しばらくすると背後でなにやらタンゴのリズムのような
小気味よい音がし始める。

「これで生地をこねてるんですか?」

「そうです」

珍しいびゃんびゃんめんの店。
ぜひ一度足を運ばれたし。
(2020.11.11)

ビャンビャン面 秀聞記(しゅうもんき)
大阪市北区兎我野町10-6 平田第二レジャービル1F
06-6361-6566
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 5

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!