日替りランチ放浪記

written by あばちゃー

第3527日 塩麹漬けマグロとアボカドのどんぶり1188円

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
伊右衛門カフェ
  • 伊右衛門カフェ
  • 伊右衛門カフェ
  • 伊右衛門カフェ
  • 伊右衛門カフェ
  • 伊右衛門カフェ

伊右衛門カフェ

大阪梅田駅

クチコミ

2020.6.30 21:05:04

伊右衛門カフェ
(大阪市北区・ルクア1100)

「二組並んでますが、二組出てきました」

ということで、待つことにしたのが、
ルクア1100の2階にある

伊右衛門カフェ。

サントリーの伊右衛門・・・の飲めるカフェ?
それはまあそうなんだろうけれど、
とりあえず行ってみよう。

メニューは想像していたよりはるかに多い。
1000円前後から、おしゃれな丼ものとか、
おしゃれなパスタとか、おしゃれなサラダが
いろいろあるのだけれど、
ドリンクは別料金。
と思ったら、ちゃんとランチメニューがあって、
レギュラーメニューの中からいくつかが
ドリンク付きでやっぱり1000円前後とのこと。

「マグロのどんぶり」

「同じの」

「クリームパスタ」

「どんぶりはたれが3種類から選べるのですが」

「抹茶たれ」

「それがオススメなんです」

「じゃそれで」

「ドリンクが付いていますが」

「抹茶入り煎茶」

「ふたつ」

「アイスコーヒー」

解説しよう。
マグロ丼のたれを「四川」か「ナンプラー」に
しようと思ってたところ、
帝王に「抹茶」と言われ、
初志貫徹しようとしたら
店のひとに抹茶がオススメと言われたため
不承不承に従ったものの、
ドリンクまでお茶はいらんと、
コーヒーを頼んだ、
そんなほのぼのとしたシーンである。

「伊右衛門カフェでコーヒーですか?」

「それ、BOSSですよ」

「たぶんね」

「でもほら、最近BOSSは紅茶やスープもあるし」

「お茶もBOSSで出すかもしれませんね」

「伊右衛門と書いてBOSSと読むとか」

「強そう」

そんなくだらない話をしていたら、
注文の品が運ばれてきた。
メニューでは丼の大きさが分からない
(想像していたのと異なる)パターンである。

「これはお腹が減るかも」

食べてみると、まあ、そこそこのボリュームはある。
抹茶たれをかけていただいたけれど、
塩麹漬けのマグロの味が目立ちすぎて、
それ以外はあまり印象に残らなかったなあ。

コーヒーは、たぶんBOSSだろうけれど、
店で出すと氷を入れることになるのがつらいところ。
(2020.6.30)

伊右衛門カフェ
大阪市北区梅田3-1-3 ルクア1100 2階
06-6151-1465
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 6

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!