日替りランチ放浪記

written by あばちゃー

第3188日 鉄板サーロインステーキ丼980円

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
薪焼き肉バル Crackle ohatsu
  • 薪焼き肉バル Crackle ohatsu
  • 薪焼き肉バル Crackle ohatsu
  • 薪焼き肉バル Crackle ohatsu

薪焼き肉バル Crackle ohatsu

梅田駅

2019.1.8 22:25:15

薪焼き肉バル Crackle ohats~クラックル お初天神~
(大阪市北区・お初天神通り)

火曜日。銀座ランチ氏、二代目柔道ボーイ氏とランチ。

「たまには方角を変えてみましょう」

と、梅田駅東改札を出て、お初天神通りへ。
久しぶりなもんで、見物を兼ねてきょろきょろしながら
南へと進んでいく。

「こんなところに肉バルができてるんや」

「これ、かなりそそりますね」

「入りますか」

昼間のお初天神通りで、込んでる店というのはあまりなく
ランチハンターとしてはありがたい限り。
注文したのは、3人そろって「鉄板サーロインステーキ丼」。
店の前にでていた巨大看板が
かなりインパクトあるもので、他のメニューは目に入らない。

しばし年末年始の過ごし方などについて話をしていたら
ジュージューと音を立てて注文の品が運ばれてきた。
汁が飛び散るのではないかとびくびくするくらい熱々だが、
紙エプロンなどの防具はなく、
なんとなくなんとかなった感じ。

にしても、鉄板に盛ったライスの上に、
サーロインステーキが1枚カットされた状態で乗っている。
そして、温玉、賽の目にカットされたトマト、
カイワレが添えられていて、彩りもいい。

「箸ですかね、スプーン? フォーク?」

「まあ、箸で食べてみるわ」

熱々の鉄板は、しかしながら絶妙な温度になっているようで
ステーキソースも、ライスも、焦げる手前に熱している。
食べるには熱いけれど、なかなかこういい具合にするのは
難しいと思う。
こうして肉を食べてると、肉は正義だという気がしてくる。
結局最後まで箸で食べたが、
それぐらいの速度がちょうどよかった。
(2019.1.8)

薪焼き肉バル Crackle ohats~クラックル お初天神~
大阪市北区曽根崎2-11-20  春貴曽根崎ビル1F 06-6311-7587
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 21

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!