日替りランチ放浪記

written by あばちゃー

第3187日 からあげ850円

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
画廊喫茶 蜜(みつ)
  • 画廊喫茶 蜜(みつ)
  • 画廊喫茶 蜜(みつ)
  • 画廊喫茶 蜜(みつ)
  • 画廊喫茶 蜜(みつ)

画廊喫茶 蜜(みつ)

尼崎駅

クチコミ

2019.1.7 22:47:12

喫茶 蜜
(兵庫県尼崎市・東難波町)

月曜日。僕つけ麺氏と尼崎へ。
授業になんの役にも立たない程度の予習のみで臨んだため、
案の定、ランチ難民になり、ずいぶんと西の方まで漂泊する。

国道2号を渡って、その先に進むと、
何やら赤い(妖しい)看板が出ている。

「『喫茶 蜜』とありますが・・・」

「でたっ!」

「えっ、知⓪ってるんですか?」

「『ホッと!HANSHIN』の「珍百景」に出てました」

「来たことあるん?」

「ないです。」

となると行くしかない。
店名も店名だが、かなり古そうな建物の壁面いっぱいに
ツタが這っていて、近寄りがたい雰囲気を醸し出している。
加えて、食べるものがあるんかなという問題があったが、
各種カレーのほか、日替りと思しき「からあげ」の文字が
ホワイトボードにあったため、迷わず入店する。

店の中は、ノスタルジーあふれる昭和感がいっぱいながら、
席は奥の2テーブルを除いてすべて埋まっているという繁盛ぶり。
私はもちろん「からあげ」を、
僕つけ麺氏は「カツカレー」をオーダー。
いずれも食後のコーヒー付きで850円である。

待つことしばし。カレー、続いてからあげが運ばれてきた。

(そういや、昨日、死ぬほどからあげ食べたっけ)

幸い、まったく系統の異なるからあげだったため、
すんなりと食べられたのがありがたい。
衣は薄くジューシーで、1個がほどよい大きさ(小ささ)だし、
サラダ、大根の煮物、漬物、味噌汁、ヨーグルトと、
セット内容も充実している。

外観はおどろおどろしいが、その実は、
地元に長年愛される名店だということがよくわかる。
隣のテーブルには同じ職場の総勢9名で
食後のコーヒーを飲みに来ているし、
今時テーブルに灰皿は備え置き、喫煙もちろんOKというのも
なんかいい感じなんだなあ。
壁面にずらっと並んだ絵もいい味を出してるし。
(2019.1.7)

画廊喫茶 蜜(みつ)
兵庫県尼崎市東難波町5-7-9  06-6481-3629
  • 阪神ナウ!いいな!
  • 12

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!