日替りランチ放浪記

written by WestAve.2940

第701日 豚ちゃんしゃぶ750円

  • おトク・プレゼント
  • グルメ
  • ショッピング
  • 健康・スポーツ
  • おでかけ・エンタメ
  • スクール・おけいこ
  • 住まい
  • ビューティ
  • 生活・子育て
  • ホテル・宿泊
第701日 豚ちゃんしゃぶ750円
  • 第701日 豚ちゃんしゃぶ750円
  • 第701日 豚ちゃんしゃぶ750円
  • 第701日 豚ちゃんしゃぶ750円

福島駅

2018.1.27 19:02:49

日田天領ちゃんしゃぶ はんなりや

(大阪市福島区・福島天満宮南西)

 

水曜日の男と野田阪神へ出がけに福島でランチ。

4月に梅田勤務となって以来、福島に行きにくくなってしまっている。

一方でエレベータマニア氏からは

「ぼちぼち変わってきてますよ。ベルレッティの跡とか」と

扇動するような情報が入ってくるし・・・。

ということで、久し振りに福島へ。

 

目指すは、3月末の時点で存在を認識していたお店。

訪ねたのは11時半過ぎであったが、すでに営業中である。

 

店は、外観が極めて派手なのであるが、

ランチタイムは1階のカウンターしか展開しておらず、

その席数わずか6席。

店主の兄ちゃんがひとりで切り回しているので、

これが限界なのだろう。

お昼のメニューは、豚ちゃんしゃぶ、ホルモン焼き、牛ちゃんしゃぶの3種類のみ。

私は一番安い豚ちゃんしゃぶを、水曜日の男はホルモン焼きを注文。

先客も、後からきた客もホルモンを頼んでいたから、人気メニューなのかも。

 

ところで、ちゃんしゃぶとは何か。

 

 

要するに、ちゃんことしゃぶしゃぶを足したモノのようで。

 

しばらくすると、野菜とうどんがサーブされる。

すでに鍋はぐらぐらとゆだっている。

 

 

続いて、豚肉、ご飯、漬物が供され、ひとそろい。

 

 

この豚、柔らかいし、旨みもあって、わずかに5枚限りではあるが、まずまず満足。

野菜も甘く、旨みがあって、しゃきしゃきで◎。

看板でもある「しゃぶ」の出しは、これもまたいくらでも飲めそうな味なのだが、

鉄鍋の鉄分が結構濃厚に溶けだしているのが、

出しだけ口にすると気になるところ。

具と一緒に、さらにポン酢を付けて食べている限りにおいてはまったく問題ないんだが。

ま、結論としては、

 

ちゃんことしゃぶしゃぶのいいとこ取りはやはり難しい!

 

ということかな。できたとしても、どうなるのか想像がつかないが。(2008.5.14)

 

日田天領ちゃんしゃぶ はんなりや

大阪市福島区福島2-7-14 06-6451-7061 日休

 

  • 阪神ナウ!いいな!
  • 6

  • いいな!と思ったら
    クリックしてね!

2008年に訪ねたまま、記事をアップし忘れておりました。すでにこのお店は閉店されていますが、記録として残しておきます。